口腔外科

複雑な状態の親知らず、顎関節症、重度の歯肉炎などの場合口腔外科での治療になることがあります。

複雑な状態の親知らず、顎関節症、重度の歯肉炎などの場合口腔外科での治療になることがあります。

『口腔外科』は、治療の主な対象が歯である歯科とは異なり、口の中に限らず、顎、顔面などに現れる病気を治療する診療科です。
疾患には、歯を原因とするものやがんをはじめ、交通事故やスポーツなどによる外傷、唾液腺疾患などの外科的なもの、口臭症などの内科的なものなども含まれます。親知らずの抜歯、歯の破折、口内炎、腫瘍、顎関節症などは私たちにとって身近なものであり、これらについて耳にすることも多いのではないでしょうか。
口腔外科分野の病気になると、食事、発音、会話がしづらくなることがあります。また、症状によっては顔が変化してしまうこともあります。機能的・審美的に問題が生じることで、ショックを受けられる患者さまもいらっしゃいます。しかし、口腔外科で丁寧に治療を行なうことで、機能性・審美性を回復させることができるので、ご安心ください。
健康と笑顔を取り戻すため、諦めずに頑張って治療していきましょう。

当院には提携医院があります。

ひと言で「親知らずの抜歯」といっても、治療が簡単な症例から、技術や時間を要する難症例までさまざまです。また、虫歯などの治療中に、口内炎とは異なる腫瘍を発見することなどもあります。
当院では、難症例と判断した場合や詳細な検査が必要と判断した場合には、患者さまにより安全な治療をご提供するために、診断設備の整った秋田大学医学部付属病院の歯科口腔外科をご紹介しています。当院の提携医院なので、安心して治療を受けていただけます。

提携医院 秋田大学医学部付属病院 歯科口腔外科

取り扱う主な疾患

顎顔面外傷/炎症/口腔悪性腫瘍/口腔良性腫瘍/嚢胞性疾患/顎変形症/先天奇形/口腔粘膜疾患/顎関節疾患/唾液腺疾患/神経性疾患/歯科インプラント

口腔外科での治療例

CASE1 骨の奥に完全に埋まり、神経に絡んでしまっている親知らずの抜歯

CASE1 骨の奥に完全に埋まり、神経に絡んでしまっている親知らずの抜歯

親知らずが顎の骨の深くにある場合、親知らずの周りの骨を大きく削って抜歯します。
下の親知らずの近くには、下顎管(神経と血管が通っている管)があり、親知らずが下顎管に絡みついていることがあります。抜歯するときに下顎管を傷つけてしまうと、出血が止まらなくなってしまったり、麻痺が残ってしまうことがあるので、下の親知らずを抜歯するときには注意が必要です。
抜歯後に腫れや痛みが出る可能性が高くなりますが、口腔外科であれば迅速に対応できます。

CASE2 ガンや腫瘍など、口腔内の疾患が見つかった場合

CASE2 ガンや腫瘍など、口腔内の疾患が見つかった場合

がんが疑われるときは、一般的には超音波検査などの画像検査を行ないます。それとともに、細胞診検査(腫瘍の表面や細胞を採取して悪性度を調べる)や組織検査(腫瘍の一部を切り取って調べる)を行ないます。
がん細胞の発見によりがんと診断されたら、がんの広がりや深さを正確に診断するために、CT検査やMRI検査などの画像検査を行ない、治療計画を立てます。
口腔外科分野で処置するがんには、舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなどがあります。

Staff Blog メール相談はこちら

お悩みはなんですか?

診療案内

患者様の声 スタッフからのメッセージ トリートメントコーディネーターの紹介 メール相談はこちら スポルティフ秋田
bk_top