予防歯科

失ってしまった歯や歯肉は元に戻らない。だからこそ歯医者さんでしっかり予防しませんか?

失ってしまった歯や歯肉は元に戻らない。

「虫歯になっても治療してもらうから大丈夫」と思っている方はいらっしゃいませんか?確かに、虫歯になっても歯科医院で治療を受ければ、それ以上虫歯が進行することはありません。しかし、患部を削って詰め物や被せ物で補ってもらったところで、失った部分を取り戻すことはできません。一度虫歯になると、二度と元の健康な状態には戻らないのです。そして治療を繰り返すことで、歯はどんどん弱くなっていきます。また歯周病の場合も、歯槽骨(歯を支える骨)が溶け始めてしまったら、元には戻りません。

虫歯や歯周病にかかっている方は、これ以上進行しないように、また、口の健康に自信がある方も、虫歯や歯周病が発症しないように予防を意識したケアを行ないましょう。歯科医院を「痛くなったら行く場所」ではなく「痛くならないために行く場所」と考え、定期的に検診を受けることが大切です。

PMTC

歯ブラシでは落としきれない汚れや歯石、着色物を除去してすっきりきれいに。

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。

様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。

普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

PMTCの4つの効果

1. 歯質の強化

研磨用のフッ化物入りのペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。

2. 虫歯の予防

細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、虫歯を予防します。
またエナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。

3. 歯周病、歯肉炎の改善・予防

歯面から歯内緑上ならびに歯肉緑下1~3mmのプラークの除去することにより、歯肉の症状を改善します。また歯肉が引き締まってきますので、歯周病、歯肉炎の予防にもつながります。

4. 審美性の向上

たばこのヤニや茶シブなどの付着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。
また汚れを着きにくくします。

エアフロー

細菌の住み家、バイオフィルムを壊してくれるエアーフロー

細菌の住み家、バイオフィルムを壊してくれるエアーフロー

エアーフローとは、グリシンというアミノ酸の粒子(コンビニのおにぎりのうまみ成分と全く一緒です)を歯にふきつけ、歯に傷をつけることなくバイオフィルム(プラークのかたまり)を破壊します。

このバイオフィルムというのが、虫歯や歯周病の原因です。

例えば、台所のシンクの下に、ヌルヌルした汚れがついていますね、洗剤を流したくらいでは、このヌルヌルはとれません。
このヌルヌルはバイキンのかたまりで、お互いを守るために薄い皮に守られています。ヌルヌルは洗剤を使い、ゴシゴシこすらないととれないですよね。こんな汚れと同じような汚れが歯にもこびりついているのです。 ブラッシングした後も10~20%はバイオフィルムが残っているといわれています。 残念ながら完全に取り除くのは難しいのです。 これが、歯に長い間にこびりつくと虫歯で歯が溶けて行ったり、歯周病で骨が溶かされたりするわけです。 やっかいなことに、一度取っても、数ヶ月するとまたこびりつきます。

細菌の住み家、バイオフィルムを壊してくれるエアーフロー

定期的なクリーニングでバイオフィルムを落として、歯が長持ちします。 定期的に、このバイオフィルムを除去することが歯を守るわけです。 メインテナンスやクリーニング(PMTC )と言われる処置の目的です。

定期的なバイオフィルム除去は2〜4ヶ月ぐらいの間隔で受けるようにおすすめしています。

従来は歯周病を直したり予防するために、スケーラーという硬い刃のついている器具で、このバイオフィルムを除去する方法がとられていました。

もちろんこの方法が間違っているわけではありません。
エアーフローを使うことで、今まで以上に楽に、そして歯の表面に傷をつけることなくバイオフィルムを取り除くことができます。

フッ素塗布

入念に歯石をとったら高濃度フッ素でコーティングして虫歯になりにくい歯に仕上げます。

医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。
十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

【1】歯質の強化する

歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。

【2】再石灰化作用を助ける

酸で溶けてしまった虫歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

【3】虫歯原因菌の活動を抑える

虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

ブラッシング指導

自己流のはみがき方法が間違っていないか、チェックしてみませんか?

自己流のはみがき方法が間違っていないか、チェックしてみませんか?

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。
ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。

ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。

Staff Blog メール相談はこちら

お悩みはなんですか?

診療案内

患者様の声 スタッフからのメッセージ トリートメントコーディネーターの紹介 メール相談はこちら スポルティフ秋田
bk_top