矯正歯科

歯科矯正とは

矯正歯科(きょうせいしか)とは、不正咬合を治す歯科の診療科の一つ。標榜科として認められている。矯正力により歯を移動させ、あるいは上顎骨、下顎骨の 形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能の回復やその予防を目的とする。

不正咬合は多くの疾患や機能障害の原因となり、これを取り除く矯正歯科の役割は大きい。

矯正が必要な場合

叢生・乱ぐい歯・八重歯

顎に歯が並びきることができず、歯が歯列から飛び出してしまったり、重なり合っている状態のことです。八重歯などもその症状の一つです。歯ブラシが届きにくいため、歯周病や虫歯などの原因になることも多いので早期に改善する必要があります。
治療法としては、歯列を広げたり、必要であれば抜歯をして歯が並ぶことが出来るだけのスペースを確保した上で矯正を行います。

上顎前突(出っ歯)

上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで、出っ歯とも言われます。唇が閉じにくいため歯肉が乾燥するので、歯周病の原因になることがあります。
治療法としては、一般的に上顎の奥歯を抜いて前歯を後ろに移動するスペースを確保します。

下顎前突(受け口)

下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となります。
治療法としては、下顎の奥歯を抜歯したり、矯正で歯の角度を戻したりします。

開咬(オープンバイト)

前歯が噛み合わない状態の状態のことを開咬(かいこう)といいます。奥歯は噛んでいても、前歯付近は噛みあわず隙間が空いている状態です。
前歯で食べ物を噛み切ることができなかったり、奥歯に過剰な負担がかかったり、話すときにも息がもれて正しく発音しにくいことがあります。
開咬を治療するためには一般的に矯正を行いますが、抜歯をしなければならない場合もあります。

歯並びがいいとこんなにいいことが!

1.自分の笑顔に自信が持てる

「歯並びが気になって口元を手で隠してしまう」ということなく、笑顔に自信が持てるようになり、物事に積極的に取り組むことができます。

2.歯磨きがしっかりでき、虫歯や歯周病のリスクが減る

歯並びが悪いと磨き残しができてしまいますが、歯並びがいいとしっかりと磨くことができるので、虫歯や歯周病になるリスクが減ります。

3.噛み合わせが良くなり、歯が長持ちする

歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなり、歯に負担をかけてしまいますが、噛み合わせが良くなると歯に負担をかけないので、歯が長持ちします。

4.空気漏れなどが解消され発音しやすくなる

歯に隙間があると、声を出したときに空気漏れして発音が歪んでしまいますが、歯並びがいいとそれらが解消され、発音しやすくなります。

5.口の中が傷つきにくくなる

歯がでこぼこしていると、噛んだり歯が当たったりして口の中が傷ついてしまいますが、歯並びがいいとそのようなことがなくなります。

6.しっかり噛めると消化が良くなり胃腸に良い

歯並びが悪いと食べ物をしっかり噛めず、胃腸に負担をかけてしまいますが、しっかり噛めるようになると、胃腸に負担をかけません。

当院の矯正治療の特徴

弾力性のある軟らかい装置を使った、効率がよく痛みの少ない治療法を採用

当院の矯正治療の特徴

矯正治療を「痛い」と思っている方はたくさんいらっしゃいます。確かに、歯を動かすことで骨に負担がかかるため、痛みが出てしまいます。とくに装置をつけた後3日ほどは、食事に支障が出たり、口内炎ができてしまうということがあります。
そこで当院では、超弾性、形状記憶という性質を持つワイヤー(ブラケットという装置に通すもの)を取り入れています。一般的な矯正治療では、力の弱いワイヤーから硬いワイヤーへと変えていきますが、当院で取り入れているワイヤーはとても軟らかく、弱い力を継続的に歯に与え、元の形に戻ろうとする力を利用して歯を動かすものです。一般的なワイヤーとは力の大きさが大幅に異なるため、歯への負担が軽減され、痛みが少なくなります。また、力が弱くても治療期間は一般的なワイヤーとは大差ないため、効率的に治療できます。
なお、症例によっては、このワイヤーが適さないこともありますのでご了承ください。

月に一度、日本矯正歯科学会認定医が来院して治療しています

月に一度、日本矯正歯科学会認定医が来院して治療しています

矯正治療には、専門的な知識や技術が必要であるため、多数の症例を診てきた経験豊富な専門医が行なうことが望ましいといえます。そこで当院では、月に一度、日本矯正歯科学会認定医、櫻井誠人による矯正治療を行なっています。
櫻井医師は北海道大学歯学部を卒業後、東京医科歯科大学で矯正歯科学を学び、歯学博士号を取得しました。その後、日本矯正歯科学会認定医を取得しています。現在、関東を中心に20医院で矯正治療を担当しており、これまでに600症例以上を手がけています。
より自分らしい笑顔を見せていただけるよう、矯正治療の専門医として、それぞれの患者さまに適した治療をご提案・ご提供させていただきます。

矯正治療の最適なタイミングとは?

顎の骨を動かせる子どものころの矯正治療がより効果的。

顎の骨を動かせる子どものころの矯正治療がより効果的。

矯正治療は大人になってから行なうこともできますが、6~14歳までの間に行なうとより効果的だといわれています。大人は顎の骨の成長が終わっているため、歯そのものを動かすことになりますが、成長期の子どもは顎の骨も成長しているため、顎の骨のバランスをコントロールしながら、歯を正しい位置に動かすことができます。

将来的に抜歯が必要となる症例でも、顎のバランスがとれているため、治療後の仕上がりが良くなります。
お子さまの歯並びを気にされている方は、一度検査を受けることをお勧めします。ぜひご来院ください。

大人になってからの矯正治療も可能。体の不調が矯正治療で改善されることも。

矯正治療は子どものうちに行なう方が効果的ではありますが、大人になってからでも決して無駄ではありません。子どもよりも歯を動かすのに時間がかかりますが、見た目だけでなく噛み合わせも良くなるため、頭痛、肩こり、腰痛などがなくなり、全身の不調が改善されることもあります。
また、子どもはご家族の意思で矯正治療を行なうことがほとんどなので、ケアが疎かになってしまうことがありますが、大人は自分の意思で治療に臨むため、ケアが行き届き、効率的に治療を行なえます。
治療をご検討の方は、ぜひご相談ください。

治療の種類について

ご予算や治療にかかる期間、治療中の見た目などで治療する器具や方法をお選びいただけます。

矯正方法を3種紹介
  • 透明で目立たず矯正、着脱可マウスピース矯正
  • 器具が裏側でこっそり治療可裏側矯正
  • 白や透明で目立ちにくい審美ブラケット

マウスピース矯正は、透明で薄く目立たないマウスピース型の装置をつける治療で、取り外してケアすることができます。段階に応じて装置を交換しながら、歯を動かします。

裏側矯正は、ブラケットとワイヤーを歯の裏側(舌側)につける治療です。表側からは装置が見えないため目立たず、一般的な表側矯正と治療期間は変わりません。

審美ブラケットは、白や透明で目立たないブラケットです。一般的な治療のように歯の表側にブラケットとワイヤーをつけますが、金属ではないのであまり目立ちません。

Staff Blog メール相談はこちら

お悩みはなんですか?

診療案内

患者様の声 スタッフからのメッセージ トリートメントコーディネーターの紹介 メール相談はこちら スポルティフ秋田
bk_top