インプラント

当院のインプラント治療

インプラント治療が適さない場合、無理に治療を勧めません。

インプラント治療が適さない場合、無理に治療を勧めません。

歯を失ってしまったときに、歯のない部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。

インプラントはチタンという人体となじみやすい金属でできており、顎の骨にしっかりと固定されます。そのため、自分の歯のように力を入れて噛むことができるようになり、見た目も自然に仕上ります。

入れ歯のように留め金で支えたり、ブリッジのように健康な歯を削らないので、隣の歯に負担をかけることはありません。また、使用中に動くことなく痛みも出ません。

総入れ歯の下の歯が動いてしまう方や、上の歯の口蓋(上壁)の部分が無いものを使いたいという方は、歯のない部分すべてをインプラントにしなくても、インプラントで入れ歯を固定する方法もあります。

インプラント治療では事前の検査が大切であり、治療をご希望でも結果によっては適さないこともあります。そのようなときには、患者さまの安全を第一に考え、他の治療をご提案させていただきます。

光機能化インプラント治療について

インプラント治療の成功は、皆さんの生活を劇的に変えてくれます。

光機能化インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った場合に顎の骨に金属製のインプラント(人工歯根)を入れて歯や入れ歯を支える治療法です。成功すると自分の歯のように咬むことがで出来るようになり、食生活の充実や美しさにあふれたライフスタイルが戻ってきます。インプラント治療の成功に重要なことはインプラントの周りに骨が出来、自分の骨としっかりとくっつくことです。

工場で作られた直後の新鮮なインプラントものほど骨を作る性能が高いのですが、新鮮な状態で入手することは不可能です。

その作られた直後の状態にすることができるのが、光機能化 セラビーム@ アフィニーなのです。

インプラントを使用する直前に特殊な光を当てることにより、表面の骨を作る能力を最高の状態にすることができます。

クリニックではこの光機能化セラビーム® アフィニーを使用しておりますので、安心して、インプラント治療を受けることが出来ます。

すべての歯がなくてもインプラントは受けられるのか?

2~4本のインプラントで固定できる『インプラントオーバーデンチャー』という選択肢もあります。

2~4本のインプラントで固定できる『インプラントオーバーデンチャー』という選択肢もあります。

一般的な入れ歯は粘膜との吸着力で支えますが、『インプラントオーバーデンチャー』は、残っている歯や埋め込んだインプラントで支える方法です。

粘膜で入れ歯を支えると安定せず動いてしまうことがあり、どうしても噛む力が弱くなってしまいます。しかしインプラントオーバーデンチャーは歯やインプラントを支えにするので、安定性が良くなり、強い力でしっかりと噛めるようになります。粘膜への負担も軽減されます。

インプラントオーバーデンチャーは、総入れ歯から部分入れ歯まで適用でき、患者さまの歯の状態に合わせて設計します。

メリット

噛む力の向上と粘膜への負担の軽減のほか、入れ歯を支えている歯に問題が起きても、入れ歯を作り直す必要がないというメリットがあります。入れ歯を取り外して歯磨きできるので、歯周病の進行した歯なども治療して使うことができます。

また、総入れ歯の構造であり治療計画が複雑ではないので、治療期間の短縮や治療の確実性につながります。

デメリット

入れ歯が割れやすくなったり、人工歯の部分が消耗しやすくなるというデメリットがあります。入れ歯を支える歯やインプラントに負担がかかるので、入れ歯のバランスが悪いと動揺や破損につながります。

また、自分の歯やインプラントの上に入れ歯をつけるので、虫歯になる可能性が上がります。そのため、日常的なケアと歯科医院での定期メンテナンスが不可欠です。

インプラントの治療の流れ

  • 1. 事前検査

    丁寧なカウンセリングと慎重な事前検査を行ないます。レントゲン撮影・CT撮影・口の模型作製などの十分な検査を行ない、綿密な治療計画を立てます。
    患者さまの同意を得てから手術の日程を決めます。

  • arrow
  • 2. 治療開始

    口の中が清潔で炎症のない状態であれば、治療を開始します。局部麻酔をして顎の骨にインプラントを埋め込みます。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。状態によって期間が異なりますが、3ヵ月から半年、場合によってはもう少し時間がかかります。

  • arrow
  • 3. プロビジョナルレストレーション(仮歯の装着)

    インプラント治療の場合、1回法、2回法に関わらず、最終的な上部構造ができるまで必ず仮歯を装着します。仮歯を装着しながら、見た目や機能、周りの歯や歯茎との関係などを調整し、患者さまの要望に合わせて最終的な補綴の形態の参考とします。

  • arrow
  • 4.アバットメントの装着と最終補綴物(被せ物)を装着

    インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメント(インプラントと被せ物の連結部分)と被せ物を取り付けます。これで治療が終わります。

  • arrow
  • 5. メンテナンス

    インプラント装着後は、インプラントを長持ちさせるため定期的にメンテナンスを受けていただき、インプラントの緩みや噛み合わせの調整を行ないます。

    また、インプラントは虫歯にはなりませんが、メンテナンスをしっかり行なわないとインプラント周囲炎(歯周病と同じような病気)になり、インプラントを支えている骨がなくなってしまうこともあります。そのため、日常的なケアをしっかりと行なうことが大切です。

第三者機関による品質保証『インプラント10年保証』

第三者機関による品質保証『インプラント10年保証』

当院は、ガイドデントより一定水準以上のインプラント治療を行なえると認められ、保証機関に認定されたガイドデント認定歯科医療機関です。ガイドデントが第三者として保証をバックアップする『インプラント10年保証』を取り入れています。

インプラントや人工歯の再治療、転居や歯科医院の移転・廃院になどにともなう転院などにもスムーズに対応し、患者さまにご安心いただけるよう長期保証をご提供しています。なお、長期治療品質をお約束するためには、定期メンテナンスの受診が必要となるので、欠かさずに受けましょう。

インプラントの症例・患者様の声

50代 女性 右下に2本埋入

自分の歯のように使えると聞いていたので、ぜひインプラントにしたいと思っていました。治療前は少し不安でしたが、丁寧に説明していただき、手術中も声をかけていただいたので、安心して治療を受けられました。インプラントはとても使いやすく、治療を受けて本当に良かったと思います。

定期的なメンテナンスで、インプラントの状態や歯全体を確認して指導していただけるので、安心しています。

50代 女性 左下を抜歯後に埋入

インプラント治療を受けるときは不安もありましたが、インプラントにして本当に良かったです。
硬いものでもバリバリ食べられるようになったので、今ではインプラントを入れた左側をよく使って食べてしまいます。「噛めることがこんなに幸せだったなんて」と気づかされました。
今では、私の周りでインプラント治療を受けるか迷っている方にお話するほど、皆さんにお勧めしたいすばらしい治療です。

インプラントは躊躇してしまうという方にはおすすめの入れ歯治療(自費診療)があります
Staff Blog メール相談はこちら

お悩みはなんですか?

診療案内

患者様の声 スタッフからのメッセージ トリートメントコーディネーターの紹介 メール相談はこちら スポルティフ秋田
bk_top