一般歯科

歯を失う深刻な状態になる前に…しっかりケアしましょう。「痛いのが苦手」という方もお気軽にご相談ください。

歯科治療を「痛い」「怖い」と思っている方はたくさんいらっしゃいます。痛みなどがあるにもかかわらず、「歯医者さんには行きたくない」と放置している方も多いでしょう。症状が悪化し、やっとの思いで歯科医院に行ったときには重症になっていた、ということもよくあります。そうなると治療時間も治療費もかかり、結局は患者さまのストレスになってしまいます。

口の健康を守るには、早期発見、早期治療が大切です。患者さまの「痛い」「怖い」という思いを払拭し、すぐにご来院いただけるよう、当院では治療中の痛みを軽減できる『笑気麻酔』を取り入れています。笑気ガスを吸入することで、恐怖心や不快感が和らいでリラックスした状態になり、痛みや振動・音が気にならなくなります。また、治療時間も短く感じられます。

ストレスなく治療を受けたいという方は、ぜひご相談ください。お子さまやご高齢の方、嘔吐反射が強い方にも有効です。

虫歯治療

進行具合に応じた虫歯の治療法

虫歯は、細菌が口の中の糖を利用して酸を作り、その酸によって歯の表面が溶けてしまう病気です。C1~C4という段階によって治療法が異なります。

当院では、麻酔注射の前に歯肉に表面麻酔を塗り、細い麻酔針を使うなど、痛みの少ない治療を行なっています。

  • 虫歯治療1

    エナメル質(歯の表面)が溶けはじめた状態で、痛みはありません。
    患部を削ってレジン(プラスチック)の詰め物で補います。

  • 虫歯治療2

    象牙質(エナメル質の内側)まで溶けた状態です。象牙質はエナメル質より軟らかいので、進行が速くなります。

    削った部分が小さい場合はレジンの詰め物、大きい場合は金属やセラミック(陶材)の被せ物で補います。

  • 虫歯治療3

    歯髄(神経や血管)まで進行した状態で、炎症を起こし激しい痛みを伴うことがあります。

    根管治療(歯髄を取って根管の中を消毒し、隙間なく薬剤を詰める治療)を行ない、被せ物で補います。症例によっては、特殊な抗生物質で歯髄を保存する処置を行なうこともあります。

  • 虫歯治療4

    歯冠(歯肉の上に出ている部分)が溶けてなくなり、根の部分だけが残っている状態です。

    根管治療して被せ物で補います。症状によっては歯を抜き、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで補います。

歯周病治療

歯を失う最大の原因、『歯周病』を防ぐには細菌のすみか『歯石』の除去を

歯を失う最大の原因、『歯周病』を防ぐには細菌のすみか『歯石』の除去を

歯周病は、細菌が歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)などの歯周組織に感染して歯肉の腫れや出血を引き起こし、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。

歯垢は時間が経つと歯石へと変化し、細菌のすみかになります。歯石は歯磨きでは取れないため細菌が増え、歯周病がさらに進行します。つまり、歯垢をなくすことが、歯周病の進行・発症を防ぐことになります。

皆さまに生涯自分の歯を使っていただけるよう、当院では歯周病の治療・予防に力を入れています。

歯周病治療の流れ

  • 1. 検査・カウンセリング

    歯周ポケットの検査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行ないます。
    歯周病の原因は人それぞれなので、その方に適した治療を行ないます。

  • arrow
  • 2. 歯垢の除去

    歯垢を除去して付きにくくするため、PMTC(専門器具による歯のクリーニング)や歯磨き指導などを行ないます。
    歯垢や歯石を取り、再び検査して改善を確認します。軽症であれば治療が完了します。

  • arrow
  • 3. 外科的処置

    症状が中等度から重度になると、歯石が歯周ポケット(歯と歯肉の境目)の奥深くまで付くため取りきれません。このようなときは歯肉を切開し、歯周ポケットの中の歯石や歯垢、強い炎症の見られる歯肉を取ります。

  • arrow
  • 4. メンテナンス

    細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発しやすいので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要です。

    再発防止には患者さまのプラークコントロール(歯垢を減らすケア)だけでなく、歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受けることが大切です。

小児歯科

小児歯科では、永久歯が生え揃うまでの、口の病気の治療や予防を行ないます。
乳歯の虫歯を「そのうち永久歯に生え変わるから」と放置すると、永久歯に悪影響を及ぼすので、放置せずに治療を受けてください。

乳歯の時期は、飲食物の与え方や歯磨きの方法などに問題があると虫歯になりやすいので、ご家族の方が虫歯予防に関心を持つことが大切です。

問題の早期発見のため、幼稚園や学校での集団検診だけでなく、半年に一度は歯科医院で検診を受けることをお勧めします。

なぜ乳歯はむし歯になりやすいのか

なぜ乳歯は虫歯になりやすいのか
  • エナメル質や象牙質が永久歯の半分ほどの厚さしかないため
  • 飲食物を与える回数が多いと、口の中に糖がある状態が長くなるため
  • 歯と歯の間にものがはさまりやすいため
  • 歯列がでこぼこしており、歯磨きしにくいため

むし歯の予防処置

当院では以下の予防処置を行なっています。

フッ素の塗布

フッ素には歯質を強くしたり、虫歯菌の働きを抑える効果があります。
定期的に歯の表面に塗ることで、虫歯になりにくい歯を育てます。

シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は磨き残しが多くなります。細菌が溜まりやすくなってしまうため、溝をレジンでふさいで虫歯を予防します。

痛みの少ない治療を心がけています

痛くない治療を心がけています

お子さまのときに歯の治療で「痛い」「怖い」を経験すると、歯科医院嫌いになってしまい、大人になってからも、重症になるまで放置するようになってしまいます。そのため、小児歯科ではお子さまに「痛い」「怖い」思いをさせないよう治療を行なっています。

当院では予防歯科にも力を入れています。虫歯予防の方法について
Staff Blog メール相談はこちら

お悩みはなんですか?

診療案内

患者様の声 スタッフからのメッセージ トリートメントコーディネーターの紹介 メール相談はこちら スポルティフ秋田
bk_top