入れ歯

入れ歯

入れ歯

金属の留め金(クラスプ)が目立つため見た目を気にされる方には、ノンクラスプデンチャーをご用意しております。口腔内の状況によってはお勧めできない場合もあります。詳しくはご相談下さい。

とし歯科の入れ歯治療

「見た目もこだわりたい」「予算以内で歯を入れたい」「おいしく噛めるようにしたい」などご要望に合わせた素材選びをします。

とし歯科の入れ歯治療

入れ歯は、歯を失ったときに人工歯で歯のない部分を補う方法のひとつで、『総入れ歯』と『部分入れ歯』に分けられます。
総入れ歯は、すべての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯で、すべての歯を人工歯で補います。部分入れ歯は、歯が1本でも残っているときに使う入れ歯で、残っている健康な歯を利用して固定します。
総入れ歯も部分入れ歯も、素材、機能、見た目などにさまざまな種類があり、最近では留め金のない審美性に優れたものなどもあります。
「いま使っている入れ歯が合わない」「留め金が目立たないものにしたい」など、お悩みのある方はお気軽にご相談ください。機能、見た目、予算などのご要望を考慮したうえで、適した入れ歯をご提供します。症状によっては、ご要望の入れ歯が適さないこともあるので、ほかに適したものをお勧めします。
自分の症状や生活環境、ご要望に合わせて適切なものを選ぶことで、食事や会話などに不自由のない快適な生活を送ることができます。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。
顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。
残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

入れ歯の材質

ノンクラスプ・デンチャー

従来の入れ歯にあったような金属のバネが無く、半透明の材質なので装着しているように見えず、目立たない入れ歯です。硬くないため心地よく装着していただけます。
また、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

金属床義歯

歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用の入れ歯よりもしゃべりやすかったり、食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事ができます。
金属なので耐久性に優れており、残っている歯への影響も少ないです。
自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

レジン床義歯

歯ぐきに触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。
食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。
しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用できるといったメリットがあります。

保険診療の入れ歯でどこまでできる?

保険診療の入れ歯は、使える素材が決まっています。人工歯と床(しょう:粘膜と接する歯肉の部分)はレジン(プラスチック)でできており、部分入れ歯であれば留め金があります。

自費診療の入れ歯は素材、機能、見た目にこだわることで、さらなる機能性、審美性を追求することができます。保険診療の入れ歯は、自費診療のものには劣りますが、日常生活を送るうえで必要最低限の機能性、審美性は満たすことができます。

メリット

  • 保険が適用されるので、低額で作れる
  • 治療期間が短い
  • レジンなので、破損しても修復しやすい

デメリット

  • 厚み・重みが出る
  • 食事のときの違和感がでやすい
  • 割れやすい
  • 安定感がない

保険診療で使用される素材

レジン

『レジン』は保険診療の入れ歯に使われる素材ですが、種類がたくさんあります。歯科治療だけに限らず、雑貨やアクセサリーなどにも使われているため、誰もが手にしたことがあるのではないでしょうか。
歯科治療では、入れ歯以外にも、虫歯を削った部分を補う詰め物や、シーラント(お子様の虫歯予防のため、奥歯の溝をレジンでふさぐ処置)などにも使われます。
低額ではありますが、天然歯のような硬さや強度は期待できません。

自費診療の入れ歯で変わること、良くなることとは?

自費診療の入れ歯で変わること、良くなることとは?

1、金属部分が見えないので見た目が良くなる。

入れ歯といえば、固定する留め金が見え、審美性に劣るというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。しかし最近では、留め金のない入れ歯が普及しています。留め金がないため見た目が良くなり、入れ歯であることがわかりにくくなります。
素材にはポリカーボネート樹脂、ポリエステル樹脂、ポリアミド樹脂、シリコンなどの弾力性に優れた素材が使われ、留め金がなくても粘膜に吸着して固定することができます。

2、金属床なら薄くすることができ、しゃべりやすい、食べ物の温度が伝わりやすいなどのメリットも。

保険診療の入れ歯は床の素材がレジンであるため、強度を保つために厚みが出てしまいます。しかし、床が金属であれば、強度に優れているため、とても薄い入れ歯を作ることができます。
密着性に優れ、ぴったり装着できるため、食事や会話をしやすくなります。金属で熱伝導率がいいので、食べ物の温度を感じることができ、食事を楽しむこともできます。また、金属は雑菌や汚れがつきにくいため、衛生的にも優れています。

3、装着時の違和感を軽減するために、時間をかけて患者さま一人ひとりにぴったりの入れ歯を作ります。

入れ歯を作ったのに「痛い」「外れる」「食べ物の味がわからない」など、お困りの方はいらっしゃいませんか?
異物である入れ歯は、失った歯の本数が多いほど大きくなるため、違和感が強くなります。当院では、患者さまに適した丈夫で長持ちする入れ歯をつくっています。幅広い選択肢の中から、素材、機能、見た目などのご要望をお伺いし、それらを考慮したうえで、ご満足していただけるようぴったり合う入れ歯をご提供します。

自費診療で使用される主な2種類をご紹介

1、ノンスクラプデンチャー

留め金のない入れ歯で、シリコンなどの弾力性のある素材でできており、粘膜に吸着して固定します。
口を開けても留め金が見えず、歯肉に同化する色調になっているので、審美性に優れ、入れ歯であることがわかりにくいという特徴があります。薄くて軽いので装着感が良く、破損にも強くできています。
ただし、それほど強く噛むことができず、定期的に作り直す必要があるので費用がかかります。また、症状によってはノンスクラプデンチャーが適さないこともあります。

2、金属床

床が金属でできている入れ歯で、ほとんどの症例に適応します。
薄く作ることができるので、ぴったりと合って違和感がありません。熱伝導性に優れた金属を使っているので、食べ物の自然な温度を感じられます。
ただし、それほど強く噛むことができず、外れやすくなります。また、素材にコバルトクロム合金を使っている場合は、金属アレルギーをお持ちの方には適しません。ただし、チタンを使っていれば金属アレルギーの方でも使うことができます。

多くの歯を失った方でも『インプラントオーバーデンチャー』という治療法があります。詳しくはこちら
Staff Blog メール相談はこちら

お悩みはなんですか?

診療案内

患者様の声 スタッフからのメッセージ トリートメントコーディネーターの紹介 メール相談はこちら スポルティフ秋田
bk_top